【供給】定量供給装置

定量供給装置

粉体定量供給装置ではスクリュー式やロータリー式などが一般的ですが、当社では独自に開発した容積型のマス式テーブルフィーダを得意としております。計量ロータをマス式にした構造により高い計量精度と定量性を兼ね備え、さらに、フラッシングがしにくい特徴を持ち、接続するホッパの開口部を広く取る事が出来るため、ブリッジ対策としても有効な装置です。

<ワンポイント>“マス式の原理”
●回転する複数のマスに粉体が入ります。
●粉体を排出する直前に計量マスをすり切り、一定容積にします。
●排出口とつながった計量マスをエアブローし、粉体が全量排出されます。
 この動作を一定間隔で行い、粉体定量供給します。

[Quantitative Feeder]
Although the screw type and rotary type are the most commonly used quantitative feeders, we especially excel at the volumetric cup-type table feeders that were originally developed by us. We have realized a system that provides both weighing accuracy and quantitative performance through adoption of the cup-type structure of measuring rotor, prevents less flushing, and is also effective for bridging prevention, as a connected hopper can be provided with a wider opening. 

ページの先頭へ